プールのご案内

利用時間

  • ◎利用時間 10:00~20:30(最終入場 20:00)

個人利用料金

※料金は全て税込です。利用券は当日のみ有効となります。
一般 小中学生 高齢者
(申請が必要です)
免除
(申請が必要です)
400円 200円 200円 ※区内在住で以下に該当するもの
・障害者
・ひとり親家庭
・公害健康保険者等
※7月・8月・9月のみ利用時間が2時間となります。

豊島区在住で、下記のいずれかの要件該当する方は、使用料が免除または減額されます。

区分 対象 使用料
高齢者 65歳以上の方 減額
障害者 身体障害者手帳・愛の手帳
精神障害者保健福祉手帳をお持ちの方とその介護者
免除
ひとり親家庭 ・ひとり親家庭で親医療証をお持ちの親子
・生活保護を受給されているひとり親家庭のうち、 18歳未満のお子様とその親
免除
公害健康被害者等 公害医療手帳または
大気汚染健康障害者に対する医療券をお持ちの方
免除

※いずれも申請が必要です。 詳細は下記よりご覧ください。
⇒体育施設利用時の減額・免除について

プリペイドカード
区内全施設共通
6,000円カード(5,400円)
3,000円カード(2,700円)
※割引率 10%

プールプログラム

※登録制ではございません。
※上記スケジュールをご覧ください。
※中学生以下の方のご利用はできません。
※料金:プール利用券+受講料200円(フリーパスの方は無料)

レッスン名 定員 時間 レッスン内容
ビギナー 35名 60分 4泳法の中から個々の希望する泳法を1種目、基礎から集中してレッスンします。25mを無理なく泳ぐ事ができるコースです。
フォーミング 30名 60分 各泳法を「より美しく」「より楽に」を目標にレッスンします。ビギナーよりワンランク上達したい方のコースです。【4種目25m泳げる方】
ウォーキング 30名 30分 リハビリからシェイプアップまで、無理なく水中での歩行や歩きを行い、運動します。

諸注意

  • 未就学児は無料となります。
  • 中学生は学生証のご提示をお願いいたします。(単独利用は19時まで)
  • 幼児・小学生のご利用は保護者の付き添いが必要です。
    【大人1人につき:幼児(3歳以上)2人まで または 小学生3人まで または 幼児(3歳以上)1人+小学生2人まで】
  • 豊島区の検定に合格した小学生は単独利用ができます。
    (豊島区在住・在学に限る:18時30分まで)
  • 中学生および小学生は保護者(高校生以上)同伴であれば、終了時間までご利用いただけます。
  • 妊婦の方は受付にお声がけの上、自己責任でご利用いただけます。
  • 教室及び団体利用は最大3コースを使用し、最少でも2コースは個人公開としてご利用いただけます。
  • 地下2階更衣室のコインロッカーをご利用ください。(100円玉リターン式)
  • 盗難防止の為ロッカーには必ず鍵をかけ、自己管理をお願いします。
  • 現金・貴重品は受付前のフリーボックスをご利用ください。
  • シャワールームでのシャンプー・石鹸類のご利用はできません。
  • ドライヤーの持ち込みはできません。壁に備え付けのドライヤーをご利用ください。 レンタルもしておりますので、受付にてお声掛けください。(1階更衣室のみ利用可)
  • 個人レッスンは禁止となっております。お声がけをさせていただくことがございます。
  • 次の持ち込みはできません。
    ・食物 ・アルコール類 ・化粧品 ・サンオイル ・日焼け止め ・危険物等
    ・時計 ・金属類 ・ガラス製品 ・直接水泳に関係ないもの
    ・持ち込み可能なもの以外の道具
  • 持ち込み可能なもの
    ・ビート板 ・ヘルパー ・プルブイ ・ソフトミットパドル ・アームヘルパー
    ・浮き輪(1人用ドーナツ型)
  • ネックレスやピアス等の貴金属類、装飾品は外してください。
  • メガネをかけての遊泳はできません。
  • 水着は公序良俗に反しないものを着用してください。
  • 水着以外の着用はできません。(ラッシュガードは可、ウエットスーツは不可)
  • サポーター(プール専用サポーターは可)、包帯、湿布はお取りください。
  • 遊泳の際は必ず水泳帽を着用ください。
  • プール場内に入場する際はタオルをお持ちください。
  • 水質保全の為、シャワーをよく浴び、汗や整髪料、お化粧は十分落としてから遊泳してください。
  • 遊泳前は準備体操を行ってください。
  • 遊泳後、更衣室に入る前に体をよく拭いてください。
  • 潜水、飛び込み、逆立ち、肩車、プールサイドでの走行等の危険行為は厳禁です。
  • その他、監視員が危険と認めた行為は禁止となります。また、災害時、緊急時の避難誘導や指示には従ってください。

このページの
トップへ戻る